九州は、台風2号の北上に伴い、台風周辺の湿った空気が流れ込みやすくなるでしょう。あさって2日を中心に大雨になるおそれがあります。雨の降り方に警戒が必要です。また、九州の沿岸海上はうねりを伴う高波にご注意下さい。

●31日 梅雨前線は九州をゆっくりと南下

きょう31日、梅雨前線は九州付近をゆっくりと南下しており、今夜は九州南岸付近まで下がり前線の活動が次第に弱まるでしょう。

九州北部は、きのう30日から雨が降り続き、きょう31日午前10時までの雨量は、熊本県南小国町160.5ミリ、大分県竹田市130.0ミリ、佐賀県嬉野市103.0ミリなど、多いところでは100ミリを超える大雨になりました。
きょう31日午前11時現在、熊本県を中心にやや発達した雨雲がかかっていますが、徐々に雨雲は少なくなってきています。午後も所々で雨が降りますが、雨の降り方は弱まってくる見込みです。

また、九州の沿岸海上は台風からのうねりが入り、九州南部は波が高くなりますのでご注意下さい。

●台風2号の動き

きょう31日午前9時現在、大型で強い台風2号は沖縄の南海上を北にゆっくりと進んでおり、先島諸島が風速15メートル以上の強風域に入っています。あす6月1日から2日(金)にかけて沖縄付近にかなり接近する見込みです。台風は海面水温が27度以下の海域に入るため、徐々に勢力は弱まってくるでしょう。

台風2号の北上に伴い、九州付近は次第に台風周辺の湿った空気が流れ込みやすくなります。また、九州や奄美地方の沿岸海上は台風からのうねりが入り、さらに波が高まってきます。奄美地方はあす1日から大しけとなりますので、警戒して下さい。

●2日(金)中心に大雨のおそれ

あす1日から3日(土)九州付近は台風周辺の湿った空気が流れ込むため、不安定な天気になります。九州は一時激しい雨が降る所があり、2日(金)を中心に大雨になるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに注意・警戒して下さい。

台風通過後、来週初めはいったん晴れ間が出ますが、6日(火)以降は再び梅雨前線の影響を受けやすくなるでしょう。