きょう9日(土)は、九州~東北の広い範囲で最高気温30℃以上の真夏日となり、35℃以上の猛暑日に迫る所も。記録的な大雨となった関東や東北では、きのう8日(金)のヒンヤリから一転、真夏日続出。湿度も高いため、復旧作業はこまめに水分や休憩をとり熱中症に警戒が必要です。この先1週間は、再び残暑が厳しく、猛暑日の所も。東京都心など猛暑日の最も遅い記録更新か。

●広く真夏日 関東・東北はヒンヤリから一転 真夏日続出へ

きょう9日(土)は、九州~東北の広い範囲で気温がグングン上がっています。

正午までの最高気温は、鹿児島県南さつま市(加世田)で33.1℃、愛媛県大洲市32.9℃、愛知県豊田市32.3℃、富山市32.0℃、名古屋市31.7℃、仙台市31.1℃など、九州~東北の所々で30℃を超えています。900地点あまりあるアメダスの内275地点で、すでに30℃以上の真夏日となっています(きのう8日:235地点で真夏日)。

仙台市は年間真夏日日数が、きょう9日(土)で57日目(これまでの最多:2010年の48日)と、最多記録を更新中です。

きのう8日(金)、記録的な大雨となった関東や東北。日中は20℃を少し超えるくらいでヒンヤリだった所も、きょう9日(土)はグッと気温が上がり、9日正午までに千葉県茂原市29.8℃、水戸市29.7℃、福島市29.9℃など、30℃くらいまで上がっています。午後は更に気温が上がり、最高気温30℃以上の真夏日続出となりそうです。

たとえ真夏日にならなくても、湿度がかなり高いため熱中症のリスク大です。大雨被害の復旧作業は、こまめに休憩や水分をとり、熱中症対策は万全に行いましょう。

●再び 厳しい残暑 熱中症に警戒の1週間

この先は、再び、厳しい残暑が続く見込みです。

最高気温30℃以上の真夏日続出、内陸では35℃以上の猛暑日の所もありそうです。引き続き、真夏並みの熱中症対策が必要です。

●猛暑日の最晩記録更新か

今年は、全国的に暑さの記録を諸々更新しています。最高気温35℃以上の猛暑日の最も遅い記録は、札幌などで過去の記録を大幅に更新しました(昨年まで札幌の猛暑日最晩記録:1999年8月8日の35.2℃)。

東京都心や名古屋市では、猛暑日の最も遅い記録は「9月12日」ですが、今年は更新する可能性がありそうです。

厳しい暑さが長く続くため、体調管理や農作物の管理など、引き続きご注意下さい。