きょう12日は、北日本や東日本を中心に大気の状態が非常に不安定になり、北海道や東海などでは警報級の大雨となる恐れがあります。土砂災害や川の増水、低い土地の浸水などに警戒が必要です。

●北海道は今夜にかけて大雨 東海も滝のような雨の恐れ

きょう12日は、日本の東に中心を持つ高気圧の縁を回る湿った空気や上空寒気の影響で、北日本や東日本を中心に大気の状態が非常に不安定になる見込みです。

特に湿った空気が強まる北海道では今夜にかけて日本海側を中心に広い範囲で大雨となる恐れがあります。あす13日午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、100ミリとなっています。北海道の日本海側では今夜にかけて大雨警報の可能性が「中」程度となっています。

また、きのう11日から大雨となっている東海にも今朝は活発な雨雲がかかっています。きょうの日中も局地的に雷を伴って1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みです。特に愛知県で雨量が増えて、災害の危険性が高まる恐れがあります。

●東北や北陸、関東北部も急な雷雨に注意

東北や北陸、関東は晴れ間の出る所が多いですが、午後は局地的に雨雲や雷雲が発達するでしょう。特に夕方には大気の状態が不安定になり、発雷確率を見ても東北や北陸、関東北部などでオレンジや赤の高い確率となっています。

局地的には雷や突風を伴った激しい雨が降る見込みです。急な激しい雨による道路の冠水や、落雷による停電、突風による家屋への被害などに十分な注意が必要です。

●非常に激しい雨とは?

気象庁では、雨の強さと降り方について、具体的なイメージで分かってもらえるよう、様々な表現をしています。

非常に激しい雨は、1時間雨量が50ミリ以上~80ミリ未満の雨を表しています。これは滝のように降る雨で、ゴーゴーと降り続くイメージです。また、傘は全く役にたたないレベルで、木造住宅の屋内では寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため車の運転は危険です。

なお、1時間に50ミリの雨というのは、雨水が別の場所に流れず、そのままたまる状態だと降った雨が50ミリの高さになるくらいです。1時間に50ミリの雨が1平方メートルに降ると、50リットルの量になります。例えば、傘を開いた面積がおおむね1平方メートルなので、1時間傘をさしていると、牛乳パック50本分もの雨が傘にあたることになるのです。

ただ、実際はまわりの雨水が集まると、その地点に降った雨の量よりも多く水がたまることもあります。非常に激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に、十分ご注意ください。