関西では、きょう12日も大気の不安定な状態が続いています。今夜にかけてはあちらこちらで雨が降り、局地的に雨雲が発達するでしょう。晴れていても天気の急変に注意が必要です。

●変わりやすい天気 南の空模様の変化に注意

関西では、晴れ間の出ている所が多いものの、雨雲も点々と観測されています。きのうほどではないものの、きょうも大気の不安定な状態が続いています。今晴れている所でも、この後は天気が急変する恐れがあります。こんや9時ごろにかけて、あちらこちらで雨が降り、局地的に雷を伴って激しく降る恐れがあります。会社や学校からの帰宅時は、急な激しい雨や落雷、突風に注意が必要です。

また、上空は南よりの風が吹いています。南の空が急に暗くなってきたり、雷の音が聞こえてきたら、安全な場所へと移動をなさってください。

なお、兵庫県の西宮市でも午後はにわか雨や雷雨の可能性があります。甲子園球場で観戦を予定されている方は、レインウェアがあると良さそうです。

●ゲリラ豪雨の前兆

ゲリラ豪雨(局地的な大雨)の、前兆となる現象は、大きく3つ挙げられます。
① 「真っ黒な雲が近づいてきた」
ゲリラ豪雨(局地的な大雨)をもたらすような、発達した積乱雲は、真っ黒に見えます。黒い雲が速いスピードで動いているように見えたり、晴れていたのに、急に空が暗くなったりするのも、ゲリラ豪雨(局地的な大雨)のサインの一つです。
② 「雷の音が聞こえてきた」
ゴロゴロという音が聞こえてきたら、雷雲が近づいています。また、稲妻が見えるのも、ゲリラ豪雨(局地的な大雨)のサインの一つです。
③ 「急に冷たい風が吹いてきた」
発達した積乱雲からは、雨粒とともに、冷たい風が勢いよく吹き降りてきます。風の変化にも、注意が必要です。

このような前兆を感じたら、すぐに安全な所へ避難してください。また、雷注意報が発表されている時や、天気予報で「大気の状態が不安定」、「天気が急変」という言葉を聞いた時には、ゲリラ豪雨(局地的な大雨)の可能性がありますので、ご注意ください。