週末にかけて積雪が急増している北日本ではさらに積雪が増え、雪の事故につながる恐れも。除雪作業中の事故や積雪、路面凍結など十分注意を。太平洋側は晴れて空気の乾燥が続くでしょう。火災が発生しやすく、火の元に注意。12月が始まる明日1日と2日は冬本番の寒さ。

●北日本 積雪さらに増える所も 雪の事故に注意

昨日29日から今日30日にかけて、冬型の気圧配置が強まり、上空にこの時期としては強い寒気が流れ込んだ、北海道や東北では、平地を含む広い範囲で積雪が急増しています。
午後3時までの最深積雪は、青森県八甲田山系の酸ケ湯で97センチ、北海道幌加内町で76センチ、青森市で25センチなど、北海道や東北では、昨日29日から20センチから40センチほど一気に積雪が増えている所があります。酸ケ湯は、まもなく今シーズン全国で初めてとなる積雪1メートルに達するでしょう。

明日1日にかけても、北海道や東北は強弱を繰り返しながら同じような場所で雪が続き、更に積雪が増える見込みです。また、北海道や東北の日本海側は沿岸部を中心に、風の強い状態が続き、吹雪で見通しが悪くなる所もあるでしょう。

車の運転は交通の影響などに注意が必要です。やむを得ず、雪道を運転される場合は、慣れている方も慎重に行ってください。雪の事故に巻き込まれないように十分な注意が必要です。

2日は次第に雪の降り方は弱まるものの、まだ北海道や東北では、雪が降ったりやんだりする見込みで、午前を中心に局地的に積雪が増える可能性があります。
3日は、低気圧が近づく東北や北陸で湿った雪や雨が強まり、道路の状況が一気に悪くなる所もあるでしょう。週末にかけて外出の際には、雪の降り方に十分ご注意ください。

●雪道の運転 注意するポイントは

雪道で、車を運転する場合は、スノータイヤを装着し、急発進、急停車にならないよう、普段よりもゆっくり慎重に運転してください。車間距離は普段の倍以上とりましょう。トンネルの出入り口や橋の上などは路面が凍結しやすいため、特に注意が必要です。通行止めや渋滞の情報をあらかじめ確認してから出かけましょう。

2輪車(バイクや自転車)は転倒のおそれが非常に高いため、運転しないでください。公共交通機関を利用する場合は、間引き運転や減速運転により、普段より時間がかかり、混雑することが予想されます。運行情報や迂回ルートを確認してから行動してください。

大雪のピークが過ぎてないときに行動すると、大きなケガにつながったり、帰宅困難になったりします。慎重に行動してください。

●太平洋側は晴れて空気乾燥 火災に注意

週末にかけて、太平洋側は広い範囲で晴れる見込みで、空気の乾燥が続くでしょう。

今日30日は北海道から九州にかけての太平洋側を中心に空気が乾き、乾燥注意報が発表されている所もあります。
午後3時までの最小湿度は、全国で最も下がったのが、山梨県南部町で19%、宇都宮市では21%、釧路市では25%と、今季最も低くなっています。
東京都心は32%まで下がり、火災の発生しやすい条件となっています。

週末にかけて、太平洋側は晴れて、火災の発生しやすい条件が続く見込みです。火の元に注意し、お肌や喉元の乾燥などにも気を付けましょう。
西日本では、水不足が懸念されていますが、降水量の少ない状態が続きますので、節水を心がけるようにしてください。

●12月1日・2日は冬本番の寒さ 週の半ば 気温が急上昇

明日12月スタートは、全国的に冷たい空気に覆われて、晴れる太平洋側も冬本番の寒さとなるでしょう。最高気温は関東から西も13℃を下回り、日中も暖かい装いが必須の寒さです。その後2日は、朝晩一段と冷え込む所もありますので、あたたかくしてお過ごしください。

4日は広い範囲で晴れますが、5日から広く雨が降りそうです。
週の中ごろは、寒気から一転、再び暖気が流れ込み、また東京都心などで20℃近い気温になるでしょう。気温がまだまだ乱高下しますので、体調を崩さないようにご注意ください。