今週末は太平洋側の地域を中心に晴れますが、週明け11日(月)から12日(火)は全国的に雨や雪が降りそうです。雨や風が強まり荒れた天気となるおそれがあります。一方、渇水傾向の西日本では恵みの雨となりそうです。

●11日(月)~12日(火) 低気圧が本州付近を通過

日本付近は10日(日)は一時的に冬型の気圧配置となり、太平洋側の地域では晴れるでしょう。ただ、11日(月)は東シナ海で低気圧が発生し、前線を伴って日本付近に近づく見通しです。
低気圧は発達しながら本州付近を東に進み、11日(月)は西日本では次第に雨が降るでしょう。九州は早い所では昼ごろから雨が降りはじめ、夜は活発な雨雲がかかるでしょう。中国・四国、近畿は夕方以降、次第に雨の範囲が広がり、本降りと雨となりそうです。夜遅くから日付が変わるころになると、東海や北陸、関東、東北にも雨雲がかかるでしょう。

12日(火)も低気圧が発達しながら進み、東海や関東は日中が雨のピークとなりそうです。東北では雪となる所があり、北海道は各地で雪が降るでしょう。一方、西日本では12日(火)は次第に天気が回復しそうです。

●ザッと雨が降り風が強まることも

低気圧や前線が通過するタイミングで、雨や風が強まり、荒れた天気となるおそれがあります。また、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、太平洋側の地域や山の南側斜面などではザッと雨が強まることもありそうです。
特に通勤や通学の時間、帰宅時間帯と重なると、足元が濡れてしまうことなどが考えられます。時間に余裕をもって移動すると良さそうです。上記予想は、今日午後5時時点のもので、雨・風の強まるタイミングが前後することもありますので、最新の気象情報を確認するようにしてください。

●西日本では恵みの雨になりそう

西日本では、数か月の間、降水量が例年と比べて非常に少なくなっています。上の図は、昨日(7日)までの120日間の合計降水量の平年比ですが、中国・四国や九州では平年の半分にも満たない所があり、中には平年の3割を切っている所もあります。国土交通省によりますと、近畿、中国・四国、九州ではダムの貯水率が低下していて、節水が呼びかけられています。西日本では恵みの雨となりそうです。
11日(月)から12日(火)の雨の後、天気は周期的に変わり、来週後半は、また低気圧や前線が日本付近を通過するため雨が降りそうです。この先、西日本は低気圧や前線の影響を受けやすい予想となっていて、渇水傾向が一気には改善しなくても、降水の少ない状態は徐々に解消することが期待されます。