明日6日にかけて関東を中心に大雪に警戒。その後は晴れる日が続きますが、11日頃は広い範囲で再び天気が崩れるでしょう。来週になると、寒さが緩み、暖かい日が多くなりそうです。

●6日~12日の天気

明日6日は、西から天気は回復しますが、関東や東北は昼頃まで雪や雨が降るでしょう。朝の通勤、通学の時間帯の交通機関への影響が心配されます。あらかじめ交通機関からの情報をチェックして、早め早めの行動をするようにしてください。

7日は西高東低の気圧配置になるでしょう。九州や北陸など日本海側で雨や雪が降りますが、太平洋側は大体晴れる見込みです。8日から9日は北海道から九州まで晴れる所が多いでしょう。

10日は、日本海から低気圧が近づくため、北陸で天気が崩れるでしょう。11日は低気圧や前線の影響で、北陸は雨や雪、その他の地域でも雨雲がかかりそうです。関東は12日にかけて雪や雨が降る見込みです。

令和6年能登半島地震で揺れの⼤きかった地⽅は、地盤の緩んでいる所があり、少しの⾬でも⼟砂災害の危険度が⾼まるおそれがあります。引き続きご注意ください。

最高気温は、明日6日も真冬のような寒さの所が多いですが、次第に寒さは緩み、平年を上回る所が多くなるでしょう。

●13日~18日の天気

13日は、北海道では雲が多いですが、東北から九州は広く晴れるでしょう。14日も本州付近を中心におおむね晴れますが、西から天気が崩れる見込みです。15日と16日は、全国的に曇りや雨や雪でしょう。九州から東北は気温は高めですので、積雪の多い所はなだれに注意が必要です。17日も九州から東海で雨が降りますが、18日は天気の回復する所が多いでしょう。

この期間、九州から関東の最高気温は、連日15℃前後で、晴れているとぽかぽか陽気となり、本格的な春が近づいていることを実感できそうです。