3連休にかけては日本海側を中心に雪や雨の降る日が多いでしょう。来週後半は低気圧や前線の影響で太平洋側でも雨の降る日が多くなりそうです。ただ、13日(火)頃からは気温は平年より高く、高温傾向になるでしょう。

●たびたび冬型の気圧配置に

7日(水)は冬型の気圧配置になるでしょう。日本海側は雪や雨が降りそうです。太平洋側は日差しの届く所が多いでしょう。8日(木)と9日(金)は日本海側でも晴れ間の出る所がありそうです。

10日(土)は東北や北陸付近は気圧の谷の影響で、雪や雨が降るでしょう。11日(日)から12日(月)頃は冬型の気圧配置で、日本海側は雪や雨の降る所が多くなりそうです。太平洋側でも一時的に雨の降る所があるでしょう。3連休ですが、お出かけの際は雨具があると良さそうです。

12日(月)頃までは最高気温、最低気温ともに平年並みの所が多いでしょう。極端な寒さはありませんが、朝晩を中心にまだ冷え込む日が多くなりそうです。暖かくしてお過ごしください。13日(火)は広く晴れて、日中はポカポカ陽気の所が多くなるでしょう。

●雨の降る日が多い 高温傾向に

14日(水)以降は、九州は断続的に雨が降るでしょう。15日(木)以降は本州付近も低気圧や前線の影響で、雨の降る日が多くなりそうです。活発な雨雲がかかり、雨脚の強まる日もあるでしょう。

最高気温・最低気温ともに平年より高い日が多い見込みです。関東以西では日中は15℃以上の日が多くなりそうです。曇りや雨でも暖かい日が多くなるでしょう。

●スギ花粉シーズンに 本格的な飛散まもなく

東京都などではまだ飛散開始※とはなっていませんが、本格的な飛散開始が近づいています。

2月上旬に九州・四国・中国・東海・関東甲信の一部でスギ花粉の飛散開始となる見込みです。近畿は2月中旬、北陸、東北南部は2月中旬から下旬、東北北部は3月上旬から中旬に飛散開始となるでしょう。スギ花粉シーズンは例年並みか例年より早いスタートとなる見込みです。

花粉症の方は早めの対策を心掛けてください。

※飛散開始日とは、 1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した最初の日