明日7日は、積雪の残る関東にも日が差し、日中は寒さが和らぐでしょう。ただ、朝は0℃近くまで下がり、凍結が続くため車のスリップや転倒に注意。日本海側は北陸などで雨や雪。10日からの3連休は、局地的に雨や雪が強まる日も。3連休後半から気温が上がり、各地3月並みへ。

●明日7日 太平洋側は晴れ 関東で路面凍結続く

明日7日(水)は、日本付近は冬型の気圧配置となるでしょう。

日本海側は雲が多く、所々で雨や雪が降る見込みです。特に、北陸は断続的に雨や雪が降り、雷を伴って降り方が強まる所もありそうです。地震の被災地でも、突然強まる雨に十分ご注意ください。

太平洋側は広い範囲で日が差すでしょう。積雪の残る関東にも、日差しが戻りそうです。今日6日の東京都心は、最高気温が5.4℃となり、この冬一番の寒さとなりました。また、午後5時の積雪は4センチとなっています。明日7日朝にかけて厳しい冷え込みとなるため、雪の残っている所では、引き続き、路面の凍結に注意が必要です。歩道の雪の状態はさらに悪くなることも予想されるため、時間に余裕を持って行動をしてください。

明日の最高気温は九州は今日よりやや低くなりますが、中国、四国から東海、北陸は今日と同じくらい、関東から北は今日より高くなる所が多いでしょう。関東は10℃を下回る所は多いものの、寒さ和らぎ、日差しにほっとできそうです。

●明日7日朝も関東各地に積雪残る 特に注意すべき場所は?

普段、雪に慣れていない方が、雪道を歩く際、特に注意すべき所は4つあります。

1つめは、歩道橋の上や、橋の上です。地面と接していないので、地面からの熱が伝わりにくく、凍結しても溶けにくいのです。
2つめは、バスやタクシーの乗り降り場所です。人の乗り降りや、車のタイヤによって、雪が踏み固められると、滑りやすくなります。
3つめは、横断歩道です。多くの人や車が通ることで、雪が踏み固められやすくなるだけではありません。特に、白線部分は、水が染み込みにくく、薄い氷の膜が出来やすいのです。
4つめは、地下への出入り口や、建物への出入り口です。靴の底に付着していた雪が、出入り口付近に残っていることもあります。地下へ降りる時は、段差があるため、更に危険です。

久しぶりの大雪となった関東では昨日5日から今日6日にかけて、転倒事故が相次いでいます。雪道を歩く際には、これらの場所は特に気を付けて歩いてください。

●3連休は雨雪強まる所も 連休後半から3月並みへ

明後日8日(木)から9日(金)にかけては、弱い冬型の気圧配置となるでしょう。日本海側は雲が多く、北海道を中心に雪が続きそうです。北陸も断続的に雨や雪が降ったりやんだりするでしょう。
3連休初日の10日(土)は、日本海を低気圧が通過する見込みです。北陸から北の日本海側を中心に雪や雨が降るでしょう。11日(日)から12日(月)にかけては、晴れる所が多いですが、日本海から近づく気圧の谷が通過するため、一時的に雨や雪が降り、日本海側は降り方の強まる所もある見込みです。九州から東海の太平洋側でも雨の降る所があるでしょう。降る時間は短いですが、外出時は傘を備えておくと安心です。

全国的に、今週後半から気温が上昇傾向です。3連休中は、最高気温が3月並みの所が多くなるでしょう。
特に、12日(月)以降、南に高気圧、北に低気圧の南東北低型となり、南から暖かな空気が流れ込む見込みです。13日(火)は各地で気温が上昇し、最高気温は九州や中国、四国で15℃を超えて、近畿から関東も15℃に迫る見込みです。北陸や東北、北海道も春先の気温となるため、雪の多い所では、融雪による災害や雪崩にご注意ください。

また、そろそろ花粉が本格的に飛散するシーズンが迫ります。今週後半は気温の上昇によって、広い範囲で花粉が飛散しやすい条件となるでしょう。花粉症の方は、早めに病院で薬を処方してもらうなど、対策を行っておくと安心です。