週末3連休は天気が変わりやすく、あちらこちらでにわか雨や雷雨になるでしょう。13日(火)と14日(水)は晴れる所が多いですが、15日(木)と16日(金)は広い範囲で天気が崩れる見込みです。3連休明けは季節外れの暖かさとなり、多雪地帯ではナダレのリスクが高まるでしょう。また、スギ花粉の飛散が続々と始まりそうです。

●3連休は晴れても油断禁物 15日(木)頃は荒天の恐れ

○10日(土)
北海道は雲が多く、雪の降る所があるでしょう。東北と北陸は天気が下り坂で、午後を中心に雨や雪が降る見込みです。北陸は大気の状態が不安定で、局地的にカミナリを伴うでしょう。関東から九州は晴れる見込みです。

○11日(日)
九州から近畿は日中、北陸も夜は大気の状態が非常に不安定になるでしょう。晴れる所が多いものの、あちらこちらで雨雲が発生し、発達する恐れがあります。急な強い雨や落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうに注意が必要です。

○12日(月)
北陸では午前中まで大気の不安定な状態が続くため、雨の降り方、カミナリにご注意ください。そのほかの各地では晴れ間が広がり、お出かけ日和となりそうです。

○13日(火)~14日(水)
13日(火)は移動性の高気圧に覆われて、全国的に晴れるでしょう。14日(水)も広い範囲で晴れますが、九州では雨が降りやすくなる見込みです。日中の気温は15℃以上まで上がる所が多く、北海道も10℃近くまで上がるでしょう。積雪が多い地域では、ナダレに注意が必要です。

○15日(木)
関東では晴れるでしょう。そのほかの地域は雲が多く、広い範囲での雨となり、北海道では雪が降る見込みです。東京都心の最高気温は21℃予想で、平年より10℃も高く、春本番の陽気でしょう。全国的に南風が強まり、春一番が吹く可能性もあります。

○16日(金)
低気圧が本州の南岸付近を進む見込みです。低気圧から遠い北海道と東北は晴れ間がありますが、そのほかの地域では雨が降るでしょう。前回の南岸低気圧は関東に大雪をもたらしましたが、今回は気温が高く、雪ではなく雨が降る見込みです。ただ、前日からの気温の落差は大きく、日中は各地で平年並みに戻るでしょう。

●続々とスギ花粉シーズンへ突入か 関東では本格的に飛散する恐れ

来週は気温が上昇し、13日(火)から15日(木)頃は平年を大幅に上回る所が多くなるでしょう。まだスギ花粉の飛散が始まった所は全国的にもごく一部ですが、来週は続々と飛散開始となりそうです。

東京では、13日(火)はやや多いランクに上昇、14日(水)バレンタインデーから15日(木)は南風が強まり、一気に多く飛散する予想です。福岡でも、14日(水)はやや多いでしょう。花粉症の症状をすでに感じ始めている方もいらっしゃると思いますが、本格的な飛散を待たずして対策をしておいた方が良さそうです。

●花粉が飛びやすい条件

花粉が飛びやすい条件には、大きく3つあります。

① 「晴れて気温が高い日」
スギの雄花は気温が上がると花が開きやすくなります。さらに、晴れて気温が高い日は、上昇気流が発生しやすく、花粉が舞い上がりやすくなります。

② 「空気が乾燥して風が強い日」
湿度が高いと、花粉が湿気を吸って重くなるため、遠くまで飛びにくくなります。一方、空気が乾燥して風が強い日は、都市部から離れた森林からも花粉が飛んできやすくなるため、いっそう注意が必要です。

③ 「雨の翌日以降や気温の高い日が2~3日続いた後」
雨の翌日以降は、雨の日に飛散しなかった分と、その日に飛散する分が重なって、より多くの花粉が飛びやすくなります。さらに、雨で地面に落ちた花粉が舞い上がることもあり、いっそう飛散量が多くなるといわれます。また、気温の高い日が2~3日続いた後も花粉がより多く飛びやすくなります。

花粉症の方は、毎日の天気予報をチェックして、花粉に備えてください。