東京の桜の開花は間近です。関東では明日28日夜から雨が降り出し、29日は午前を中心に荒れた天気になるでしょう。30日と31日は晴れて、最高気温が25℃以上の夏日になる所もありそうです。季節先取りの暑さになりますが、身体が暑さにまだ慣れていない時期です。体調管理にご注意ください。

●明日28日 天気下り坂 午後は南風強まる

明日28日は西から前線や気圧の谷が近づくため、関東の天気は早くも下り坂です。

午前は日が差す所もありますが、午後は次第に雲に厚みが増してきそうです。夜になると次第に雨が降り出し、南風も強まってくるでしょう。お帰りが遅くなる方は雨具をお持ちになってください。

最高気温は14℃前後の予想で、今日27日と同じか2℃ほど低くなるでしょう。日中は日差しが少ないため、今日ほど暖かく感じられませんが、夜の冷え込みは緩みそうです。

●明後日29日 南風が強く荒れた天気 東京の桜開花予想

明後日29日は、前線や低気圧が本州付近を通過する見込みです。昼頃まで雨が降り、南風が強く、荒れた天気になるでしょう。ランチタイムで外に行かれる際は、十分にご注意ください。雨は昼過ぎには止んで、一気に晴れ間が広がるでしょう。

朝から気温は高めで、最低気温は10℃を下回らない所がほとんどです。最高気温は20℃くらいまで上がって、東京の桜のつぼみもほころぶでしょう。

今日27日、日本気象協会が発表した「2024年桜開花・満開予想(第6回)」によりますと、東京の桜の開花は29日の予想です。平年より5日、昨年より15日遅く、ここ10年では最も遅い開花になりそうです。

●東京の桜の開花は29日予想 週末は関東で続々と開花か

関東の桜前線は東京の29日からスタートして、30日は横浜で、31日は熊谷と前橋などで開花が予想されています。

関東にも、お花見の季節がやってきます。ただ、注意が必要なのが、「季節先取りの暑さ」です。30日の最高気温は、東京都心や、さいたま、前橋で25℃が予想されていて、今年初めての夏日になるかもしれません(東京の昨年の初夏日は3月24日)。身体が暑さにまだ慣れていない時期ですので、水分をこまめに取るなど体調管理にご注意ください。

また、30日は関東にも「黄砂」が飛んでくる可能性もあります。お花見をする際は、状況を確認をしながら、対策をするようにしましょう。

●黄砂の健康への影響を予防するポイント

黄砂や花粉をなるべく防ぐには、以下のような対策がおすすめです。

① 外から帰った時には、玄関を入る前に、洋服や髪の毛についた花粉を、しっかりと払い落としましょう。花粉症でない方も、普段から、この習慣を心がけていただきたいものです。
② 新型コロナウイルス感染予防のためにも、こまめな換気が求められていますが、窓を大きく開けると、その分、花粉も室内に入りやすくなってしまいます。窓を10センチ程度開けて、レースのカーテンをするだけでも、部屋の中に入ってくる花粉の数を、窓を全開にした時と比べておよそ4分の1に減らすことができるという実験結果もあります。窓を開ける幅は少しでも構いませんので、なるべく換気しながら花粉を防ぎましょう。
③ 洗濯物や布団は、できるだけ室内に干しましょう。花粉対策だけでなく、黄砂対策にも効果的です。その際、空気清浄機がある方は、ぜひ一緒に使ってください。綺麗な空気の中で、洗濯物や布団を乾かせば、より快適に過ごせそうです。