明日4月1日(月)は青空の広がる所が多いでしょう。ただ、天気は短い周期で変わり、3日(水)から4日(木)は、九州や四国など西日本で大雨の恐れも。最新の気象情報に注意してください。気温は平年より高い日が多く、桜前線は順調に北上する見込みです。

●前半(4月1日~7日)  3日(水)~4日(木)は西日本で大雨の恐れ

明日4月1日(月)は、高気圧に覆われて、広い範囲で晴れる見込みです。最高気温は平年より高い所がほどんどで、昼間は過ごしやすい陽気になりそうです。ただ、気圧の谷の影響で、北海道や東北の日本海側は、昼過ぎにかけて所々で雨や雪が降るでしょう。関東もにわか雨がありそうです。お出かけの際は、雨具があると安心です。

2日(火)は穏やかに晴れるでしょう。最高気温は、関東から西で20℃以上の所が多く、九州では所々で夏日(最高気温が25℃以上)になりそうです。西から前線が近づくため、夜は九州で雨の降り出す所があるでしょう。

3日(水)から4日(木)にかけて、前線を伴った低気圧が西日本から東日本へ進む見込みです。九州から東北にかけて雨が降り、九州や四国など西日本で局地的に雨量が多くなる恐れがあります。急な強い雨や落雷、突風にご注意ください。北海道では雪の降る所もあるでしょう。

5日(金)から6日(土)は、高気圧に覆われて、全国的に晴れる見込みです。桜の開花が進み、九州から関東では見頃を迎える所もありそうです。昼間は過ごしやすい陽気ですが、朝晩との気温差が大きくなります。調節しやすい服装でお出かけください。

7日(日)は低気圧や前線の影響で、九州から東北は雨が降るでしょう。

●後半(8日~13日) 九州から関東は曇りや雨の日が多い

8日(月)から10日(水)は雨の降る所が多いでしょう。11日(木)以降も九州は曇りや雨が続きますが、近畿や東海、関東、北陸は晴れ間の出る日がありそうです。北海道は11日(木)まで晴れますが、12日(金)と13日(土)は雨が降るでしょう。

最高気温は平年より高い日が多く、九州から東海は20℃以上の日が続くでしょう。関東も11日(木)からは、季節先取りの暖かさとなりそうです。札幌は15℃前後で、ゴールデンウィーク頃の陽気でしょう。雪の多く残る地域では雪どけが進むため、なだれに十分注意してください。