この先1週間は、西日本で雨が降りやすく、花粉の飛散量が「少ない」所も。ただ、晴れてお花見日和の日は、花粉が大量飛散。花粉対策をしっかりして、満開の桜を楽しんでください。

●5日・6日 広く晴れて大量飛散

今日3日(水)は雨が降るため、九州から関東では花粉の飛散が抑えられそうです。明日4日(木)の朝には雨のやむ所が多く、雨あがりは花粉の飛散量が増えるでしょう。

5日(金)から6日(土)は広く晴れて、大量飛散に。名古屋や東京などで「非常に多い」ランクになっています。九州から関東では、桜が見頃を迎えている所が多いですが、ヒノキ花粉の飛散のピークが重なります。万全の対策をして、お花見を楽しんでください。

7日(日)以降は西日本を中心に雨が降り、「少ない」所もあるでしょう。ただ、仙台は連日「非常に多い」ランクで、辛い時期が続きそうです。

●花粉の本格飛散 多くの所で4月中旬まで

ヒノキ花粉の飛散のピーク期間は、およそ1週間から2週間ほどでしょう。晴れる日や風が強い日は飛散量が増えるので万全な花粉対策を心がけて下さい。仙台はヒノキ花粉の飛散量は少なく、はっきりしたピークは現れない見込みです。

1平方センチメートルあたり10個以上のやや多い花粉を観測するような本格的な飛散は、九州では4月上旬まで、中国・四国から東北の多くの地域では4月中旬まででしょう。東海地方の一部は4月下旬までの見込みです。ただ、本格的な飛散が終了しても5月上旬頃までは、各地で花粉がわずかに飛ぶ日があるでしょう。花粉に敏感な方は、引き続き対策を行いましょう。