今年の梅雨入りは平年より遅れていますが、梅雨入り前でも大雨の備えを。8日(土)は沖縄や奄美、九州は激しい雨が降り、大雨となる所もあるでしょう。9日(日)は近畿まで雨のエリアが広がり、太平洋側で雨脚が強まりそうです。10日(月)は関東でも強雨に注意。

●8日(土)~10日(月) 低気圧が通過 大気の状態が不安定

8日(土)は前線を伴った低気圧が西から近づいてくるでしょう。9日(日)から10日(月)にかけて低気圧が西日本から東日本の太平洋沿岸を通過する予想です。低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になるでしょう。

●太平洋側を中心に大雨の恐れ

8日(土)は沖縄や奄美、九州は昼頃から雨で、雷を伴って激しい雨が降り、大雨となる所もあるでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、落雷、突風にご注意ください。中国地方や四国も夕方以降は次第に雨が降りだしそうです。

9日(日)は雨の範囲が広がります。沖縄や九州から近畿は雨が降り、太平洋側を中心に雨脚が強まるでしょう。

10日(月)は沖縄や四国から近畿は断続的に雨、東海や関東も雨が降るでしょう。関東も朝の通勤・通学の時間帯は沿岸部で雨脚が強まりそうです。

●梅雨入りは平年より遅い見通し でも早めの備えを

今年は梅雨入りしたのは沖縄と奄美だけで、本州付近ではまだ梅雨入りしていません。九州から東海はすでに平年より遅くなっています。関東甲信も平年日は6月7日ごろですが、今日の梅雨入りはなく、平年より遅くなる見通しです。

今週末から週明けは雨が降りますが、11日(火)以降は本州付近はいったん晴れ間の広がる所が多く、梅雨入りはもう少し先となりそうです。

今年の梅雨入りは九州南部が6月15日ごろ、九州北部から関東甲信は6月16日ごろの予想で、平年よりかなり遅くなる見込みです。

ただ、梅雨入り前でも今週末から週明けは大雨となる所がありますので、大雨への備えは早めにしておくと良いでしょう。

●大雨の備え

大雨が予想される場合、災害による被害を少しでも小さくしたいものです。そのために、あらかじめ備えておいていただきたいことは、次の3つです。

① 避難場所や避難経路の確認をしておきましょう。いざ大雨による災害が発生すると、避難経路が通れなかったり、避難場所に行けなくなったりすることもあります。複数の避難場所や避難経路を確認しておくことが大切です。また、川や斜面の近くは通らないようにするなど、浸水や土砂災害の危険性が高い場所を避難経路に選ぶのは、避けてください。確認した避難場所や避難経路の情報は、家族で共有しておきましょう。
② 非常用品の準備をしておきましょう。非常用の持ち出し品は、リュックなど両手が使えるものに入れて、すぐに持ち出せる所においてください。避難時に履く靴は、スニーカーなど、底が厚く、歩きやすい靴を用意するのが安全です。また、水道や電気など、ライフラインが止まった時に備えて、水や食料も用意してください。
③ 側溝などの掃除をして、水はけを良くしておきましょう。砂利や落ち葉、ゴミなどが詰まっていないかも、確認しておいてください。

いずれも、大雨になる前に、なるべく早い段階で備えるよう、心がけてください。