関東地方はこの先も猛烈な暑さが続く見込みです。特に7日(日)は最高気温35℃以上の猛暑日が続出します。前橋では39℃と最高気温40℃以上の「酷暑日」に迫る暑さとなるでしょう。7日(日)は東京都知事選が行われますが、東京でも日中は少し動いただけでも汗が噴き出る暑さになりそうです。投票に行かれる方は、気温が高くなる昼前後の時間帯はなるべく避けて、午前中の早い時間や日が暮れてから行くと良さそうです。

●8日(月)にかけて厳しい暑さ続く

今日5日(金)も各地で晴れて、今年一番の暑さになった所がありました。埼玉県さいたま市では今日午後2時前に最高気温が35℃以上となり、今年初めての猛暑日となりました。東京都心でも35.5℃まで気温が上がり、2日連続の猛暑日となりました。

明日6日(土)から8日(月)にかけても、気温の高い状態が続くでしょう。夏の高気圧に覆われることと、強い日差しの影響で、最高気温は広く35℃前後まで上がる予想です。特に7日(日)は、前橋で39℃と最高気温40℃以上の「酷暑日」に迫る暑さとなるでしょう。運動は特別な場合以外は中止し、外出時は炎天下を避け、室内でも適切に冷房を使用するようにしましょう。

※「酷暑日」は日本気象協会独自でつけた名称であり、気象庁が定義しているものではありません。

●東京都知事選 暑くなる前の早めの時間か夕方以降に

特に、7日(日)は猛暑日の地点が今日よりもさらに増える見込みです。最高気温は東京都心で35℃前後、八王子市など多摩地区では気温が37℃くらいまで上がるでしょう。予想以上に風が弱まったり、西または南西風が吹いたりした場合は、上の図に表示されている数字よりもさらに気温が上がる可能性があります。投票に行かれる方は、気温が高くなる昼前後の時間帯はなるべく避けて、午前中の早い時間や日が暮れてから行くと良さそうです。

●週末は暑さだけでなくゲリラ雷雨にも注意

土日は天気の急変にも注意が必要です。日中は気温が高くなることで、大気の状態が不安定となり、午後は局地的ににわか雨や雷雨があるかもしれません。発雷確率は夕方ほど高く、関東の平野部も含めて、一部で急に雨雲や雷雲が湧くでしょう。山沿いを中心に傘を差しても全く役に立たないほどの激しい雨が降る所もありそうです。週末は暑さだけでなく、天気の急な変化にお気をつけください。晴雨兼用の傘があると良さそうです。

●9日(火)以降は梅雨前線がやや南下 梅雨空戻る

9日(火)からは太平洋高気圧の張り出しが弱まり、梅雨前線がやや南下するでしょう。前線は西日本から東日本付近に停滞し、曇りや雨の日が増える見込みです。梅雨らしい天気に戻り、週末のような危険な暑さは一旦おさまるでしょう。ただ湿度は高く、不快な暑さに変わりはありません。引き続き、万全な暑さ対策を心がけましょう。また、来週も関東南部を中心に熱帯夜が続きます。昼間だけでなく夜間の熱中症対策も忘れないでください。