東海地方は、昨日7日も体温超えの危険な暑さの所が多くなりました。静岡市では、全国で今年初めての40℃以上を観測し、記録的な暑さにもなりました。今日8日も、体温超えの危険な暑さになる所が多いでしょう。熱中症に厳重な警戒が必要です。今週は梅雨空が戻るため、暑さは次第に和らぐ見込みです。

●今日8日も危険な暑さ

本州付近は、今日8日も平年を大きく上回る、一段と蒸し暑い空気に覆われています。東海地方では、昨日7日より雲の広がっている所があるものの、強い日差しが照りつける地域では今日8日も気温が上がりそうです。
予想最高気温は、一番高い静岡で38℃、名古屋と津で37℃、岐阜は36℃です。熱中症警戒アラートが、静岡県と愛知県、三重県に発表されています。運動は原則中止の危険な暑さです。また、地上の気温が上がることで、午後は大気の状態が不安定になるでしょう。岐阜県を中心に、にわか雨や雷雨になる恐れがあります。天気の急変にも注意してください。

●夜も気温が高い 昼夜問わず暑さ対策を

昨夜(7日)から今朝(8日)にかけては気温があまり下がらず、各地で最低気温が高くなりました。今夜も、名古屋で30℃をやっと下回るのは、午後10時前後となりそうです。夜も暑さを我慢せず、エアコンを使用するなどして、涼しくしてお過ごしください。昼夜問わず熱中症に厳重な警戒が必要です。

今朝の最低気温(高い順)
津市   29.8℃
大垣市  29.2℃
名古屋市 28.7℃
岐阜市  28.4℃
桑名市  28.3℃

●2週間天気前半:9日(火)~15日(月)

10日(水)以降は、梅雨前線は日本海側に停滞することが多いでしょう。東海地方も、梅雨空が戻り、厚い雲に覆われて雨の降る日が多くなる見込みです。前線の活動の程度によっては、警報級の大雨になる恐れもあるでしょう。曇りや雨で日差しが弱くなる分、極端な暑さは収まりますが、湿気があって不快な蒸し暑さが続く見込みです。

●2週間天気前半:16日(火)~21日(日)

16日(火)以降も梅雨空が続くでしょう。19日(金)頃から前線の活動は弱まる見通しですが、日中に気温が上がることによる急な雨や雷雨に注意が必要です。
なお、東海地方の梅雨明けの平年は7月19日ごろです。日本気象協会が発表した最新の梅雨明け予想では、今年2024年の梅雨明けは7月22日ごろと平年より遅い予想です。