キャンプでは、日の出や日の入りなど、自然に移り変わっていく雄大な時間感覚を味わえるのも楽しみのひとつですよね。そこで今回は、太陽の動きとともに移り変わる時間を楽しめる場所をご紹介します。少し早めに待機して、雄大な地球に抱かれる感覚と自然の美しさを、ゆっくりと体験してみてください。

※イメージ画像

※イメージ画像


温泉に入って楽しむ!<山梨県>

最初にご紹介するのは『ほったらかし温泉』のある『ほったらかしキャンプ場』。ほったらかし温泉には『あっちの湯』と『こっちの湯』の2か所があり、日の出とともに移り変わりゆく雄大な景色と空を温泉に入りながら楽しむことができます。早朝から朝ご飯も販売しているので、寝起きのまま一先ず温泉、という選択肢も可能です。
ほったらかしキャンプ場はほったらかし温泉から徒歩3~4分の場所にあります。少し標高がありますので、キャンプ中の景色も抜群です。

☆ほったらかしキャンプ場
所在地:〒405-0036 山梨県山梨市矢坪1669-25
公式サイトはこちら

☆ほったらかし温泉
所在地:山梨県山梨市矢坪1669-18
電話番号:0553-23-1526
公式サイトはこちら


星も学べるキャンプ場!<熊本県>

龍ヶ岳山頂自然公園キャンプ場は、天文台施設がある公園内に位置しています。天体観測はもちろんのことですが、天文台にはプラネタリウムもあるので、じっくりと空を学ぶこともできます。龍ヶ岳山頂自然公園は雲仙天草国立公園の一部となっていて、展望台などもあります。キャンプ場やバンガローなどの宿泊設備、レストランもあるので飽きずに過ごすことができます。海に沈む太陽を眺めることもできますよ。

☆龍ヶ岳山頂自然公園キャンプ場
所在地:熊本県上天草市龍ヶ岳町大道3360-9
電話番号:0960-63-0155
公式サイトはこちら


子どもとたっぷり遊び尽くす!<高知県>

平野サーフビーチ近くにある『土佐西南大規模公園(四万十地区)』。四万十川の河口に位置しており、サーフスポットが近いだけでなく、独特の地形を彩る朝焼けや夕景を眺める楽しみがあります。公園内にある『オートキャンプ場とまろっと』は芝生サイトでとても快適に過ごすことができます。また、同じ公園内にアスレチックや入浴施設もあるので、公園内で丸一日たっぷりと遊んだ後に、汗を流すことができます。

☆土佐西南大規模公園(四万十地区)
オートキャンプ場とまろっと
所在地:高知県四万十市下田3548
電話番号:0880-33-0101
公式サイトはこちら


時期が限られているからこその美しさ!<新潟県>

こちらは標高700mにある大厳寺高原(だいごんじこうげん)。冬は『▲越後妻有(エチゴツマリ)松之山温泉スノーパーク』としてスキーを楽しめ、初夏には『▲越後妻有大厳寺高原キャンプ場』として緑や心地よい清々しさを感じられるキャンプを楽しむことができます。▲越後妻有大厳寺高原キャンプ場は、年によりますが、早春にプレオープンが行われると名残雪とともに春の訪れを感じるキャンプができます。国内アウトドアメーカー株式会社スノーピークと連携して改修、リニューアルオープンしたキャンプ場なので、アクティビティプランも、ぜひチェックしてみてください。また周辺では、田んぼに水を張る早春になると、空が水面に反射し、自然が織りなす美しい景色にも出会えます。

☆▲越後妻有松之山温泉スノーパーク
所在地:新潟県十日町市松之山天水島909
電話番号:025-596-3133 [ 電話受付時間 9:00~17:00 ]
公式サイトはこちら

☆▲越後妻有大厳寺高原キャンプ場
住所:新潟県十日町市松之山天水越3140
電話番号:025-596-2994 [ 電話受付時間 9:00~16:30 ]
公式サイトはこちら

春のキャンプは真夏にはない楽しみ方があるのも、自然相手の遊びだからこそ。まだまだ朝晩は冷えますので、寒さ対策は忘れずに!