水戸の逸品! 納豆ハヤシオムライス&黄門さまが身を隠し過ごした地!

旅のスタートは“日本三名園”のひとつで梅の名所としても有名な『偕楽園』から。水戸の代表的な観光地ですがここでタカトシさん温水さんを待っていたのはなんとあの“かげろうお銀”として何十年も黄門さまを支え続けた由美かおるさんです! 水戸の梅まつりをかげろうお銀と一緒に旅するなんてオツな旅の始まりですね♪

偕楽園の梅.png
由美かおるさん出会い.png

お昼は今水戸で話題となっている『洋食屋 花きゃべつ』で提供される納豆メニューを頂きます!

その名も『だるま納豆ハヤシオムライス』。玉子はふんわりトロッとした半熟、風味豊かなハヤシソースがかかったオムライスを割ってみると現れる納豆は濃厚でコクがあり、トロリとした粘り。この意外な組み合わせが相性抜群なんです! 中には柚子胡椒が隠し味に効いていて、「ピリッと爽やかな後味が絶妙」と連日行列ができるほど!

納豆ハヤシオムライス.png
納豆ハヤシオムライス中身.png

由美さんのデビューからドラマ『水戸黄門』のお風呂シーンの話まで、なかなか聞けない制作秘話も伺いました! 15歳でデビューしたという由美さん。今でもその当時と変わらぬ体型を維持しているそうですよ! 一体どうしたらそんな神業ができるんでしょうか? その方法は番組で!

食べる一行.png
由美さん若い頃.png

次なる目的地は“黄門さま生誕の地”です。実はここ、幼い頃の徳川光圀公が跡目争いなどの諸事情か
ら逃れるため4歳まで身を隠しながら過ごしたという土地なんです。せっかくなので一行も絵馬にお願い事を書いてご参拝させて頂きました!

水戸光圀生誕の地.png
参拝する一行.png


幸せを呼ぶ! 困り顔の「ハチ」とは? &太平洋を一望できる温泉であんこう鍋

次なる目的地に着く前に『糸久 宝くじ たばこ店』に寄ってみます。実はこちらには“幸せを呼ぶ猫「ハチ」ちゃんがいるんです! 見てくださいこの立派な困り顔(笑) 末広がりのハチ眉毛! そう言えば黄門さま一行にもうっかり八兵衛という名わき役がいましたよね! 良いことあるかも!

宝くじ店・外観.png
ハチちゃん.png

水戸は提灯の日本三大産地なんだそうです。訪れたのは江戸時代230年前に創業した『廕山利兵衛商
店』。このお店では今も竹ひごから提灯の型を組み、紙を張り、紋や文字、絵を入れるまで提灯製造工程の全てを手作業で一つ一つ行っています。

さらに予約をすると水府提灯づくりを体験できるということで、一行も全員で提灯づくり! どうですか? なかなかの仕上がりでしょ?

提灯作りする一行.png
自作提灯.png

バスに乗り、最後の目的地、大洗にある温泉に向かう道中。ここで予想外のハプニングが! なんと予定
のバスとは違う行先のバスに乗車してしまうという大失態。急いでバスを乗り換えます! なんという波乱の水戸旅! 果たして目的地には辿りつけるのでしょうか?

バス車内.png
走る一行.png

旅の最後に一行は大洗の『潮騒の湯』へ。太古の海水をくみ上げた温泉は塩分が多量に含まれているの
で、保湿効果・血行促進に優れ湯冷めしにくいのも特徴で別名“温まりの湯”と呼ばれているそうです。

そしてこちらで頂くのは大洗名物『あんこう鍋』! あんこうの身はコラーゲンたっぷりプリプリ! “海のフォアグラ”あん肝もしっかり入っていて更に温まることこの上なしですね! こんな楽しい水戸旅なら、寒さも吹っ飛びます!

潮騒の湯.png
あんこう鍋.png



ぶらぶらサタデー「タカトシ温水の路線バスで!」番組概要

【放送日時】2024年3月16日(土) 12:00~13:30
【出演】タカアンドトシ、温水洋一ほか
【ナレーター】市川展丈

【ぶらぶらサタデー「タカトシ温水の路線バスで!」とは…】
タカアンドトシ・温水洋一の3人が、路線バスを乗り継ぎながら目的地を目指す旅番組。乗り継ぎで降り立った地の絶品グルメや隠れた名店を紹介したり、旅先で地元の方々と触れ合う様子を紹介。

フジテレビ ぶらぶらサタデー


(バスとりっぷ編集部)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 3/16放送「タカトシ温水の路線バスで!」由美かおると行く! 水戸黄門の旅