あしかがフラワーパークのふじのはな物語

華やかでありながら品のある大藤の花
華やかでありながら品のある大藤の花

あしかがフラワーパークはアメリカのCNNから「2014年 世界の夢の旅行先10カ所」に日本で唯一選ばれた、花のテーマパークです。藤の花が咲くシーズンは特に人気で、各地からバスツアーが催行されます。

人気の大藤
人気の大藤

藤の花のシーズンは、4月中旬から5月中旬までの約1カ月間。この期間中はうす紅藤、大藤、白藤、きばな藤の順に藤の花を楽しめます。さらに5月には、園内に植えられた5,000株ものツツジが見頃を迎えるので、訪れるタイミングによっては藤の花とツツジの共演が見られます。


ふじのはな物語のおすすめルート

今回私はバスツアーであしかがフラワーパークを訪れ、ふじのはな物語を鑑賞してきました。80分の自由時間がありますので、園内を満遍なく見学できるルートを紹介していきますね。

正面ゲートから園内に入ると、まずは可愛らしい花々が植えられた「フラワーステージ」がお出迎え。こちらにも藤が植えられており、上品な香りが辺りに漂っていました。

かわいい花々がお出迎え
かわいい花々がお出迎え

左手にフラワーステージ、右手に「フードテラス」を見ながら進むと、「うす紅藤の棚」があります。満開のうす紅藤の棚の下を、「オリジナルショップ1」方面に向けて歩きましょう。2023年はうす紅藤が観測史上最も早く開花し、4月中旬に見頃となったのだとか。

うす紅藤の棚
うす紅藤の棚
水面に映る藤もまた、綺麗です
水面に映る藤もまた、綺麗です

うす紅藤の棚を抜けたら、オリジナルショップ1の裏にあるジャコウフジを見に行きましょう。このジャコウフジはあしかがフラワーパーク内に1本しかない、貴重な藤だそう。香水の原料となる麝香を名に冠するだけあって、白色の花からはうっとりするような甘い香りが漂っていましたよ。

とても良い香りのジャコウフジ
とても良い香りのジャコウフジ

オリジナルショップ1を背にして進むと、そこには栃木県指定天然記念物である大藤が…! 樹齢160年とも言われる2本の大藤が、1,000平方mにも及ぶ藤棚となっており壮観です。頭上から降り注ぐように咲く大藤に、多くの方が釘付けとなっていましたよ。

藤の花を目当てに、多くの方が訪れます
藤の花を目当てに、多くの方が訪れます
人気の大藤
人気の大藤

オリジナルショップ1を背にして「大藤の棚」を見学し、道なりに左へ進むと、うす紅藤が天井を彩る橋があります。

うす紅藤の橋
うす紅藤の橋

この橋を渡ったところに「きばな藤の棚」があるのですが、見頃はまだ先でした。右手にある水上花壇の眺めを楽しみながら、カフェ「マロニエ」方面に向かって歩きましょう。

水上花壇もあります
水上花壇もあります

カフェマロニエの右手には、小高い丘となっている「ツツジの海」があります。新緑と色鮮やかなツツジのコントラストが、とても華やかでしたよ。

鮮やかなツツジの海
鮮やかなツツジの海

ツツジの海を抜けて西ゲート方面に向かうと「大長藤の棚」があります。この大長藤はその名の通り花房が最長1.8mに育つ品種で、こちらも栃木県指定天然記念物なのだとか。満開になったら、きっと藤の花のカーテンのように見えるのでしょうね。

大長藤は三分咲きといったところ
大長藤は三分咲きといったところ

大長藤を背にし、「オリジナルショップ2」の先にある十字路を左に曲がると、「四季彩のステージ」があります。黄色い色味でまとめられた花畑を萌黄色の新緑が引き立て、なんとも優しい雰囲気を醸し出していました。

園内各所に花壇と、休憩スペースがあります
園内各所に花壇と、休憩スペースがあります

四季彩のステージを右手に見ながら進むと、目の前に「むらさき藤のスクリーン」が。水場を半円状に囲むスクリーンは、夜間にライトアップされるととても写真映えしそうでしたよ。

むらさき藤のスクリーン
むらさき藤のスクリーン

むらさき藤のスクリーンを左手に見ながら正面ゲートに向かうと、長さ約80mの「白藤のトンネル」があります。開花状況は、まだ咲き始めといったところでした。

咲き始めの白藤のトンネル
咲き始めの白藤のトンネル

白藤のトンネルを通りすぎたら、もう正面ゲート近くです。最後に大藤の棚にもう一度立ち寄ってみました。80分では足りない…もっと眺めていたい! と後ろ髪を引かれながらあしかがフラワーパークを後にしました。

大藤のライトアップも見てみたいものです
大藤のライトアップも見てみたいものです

私が訪れた4月中旬はうす紅藤と大藤がほぼ満開だったので、これから白藤ときばな藤が見頃を迎えるでしょう。夜間にライトアップされた藤の花も非常に人気が高いので、開花状況をチェックしながら、ぜひお出かけしてみてくださいね!


あしかがフラワーパークへ行くバスツアー

春のあしかがフラワーパークへ行くバスツアーには、ネモフィラで有名な「国営ひたち海浜公園」を訪れるツアーも多くあります。こちらも藤の花と同じくらいきれいなので、丘一面がブルーになっている景色を楽しみたい方にはおすすめのスポットです。

「あしかがフラワーパーク」バスツアーを検索する

あしかがフラワーパーク

栃木県足利市迫間町607 Google Map
0284-91-4939 通常10:00~17:00(※季節により変更) 定休日なし
Webサイト

※取材協力/足利フラワーリゾート

(為平千寿香)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 「世界が息を呑んだ美しさ」に会いに行こう! あしかがフラワーパークの藤の花「ふじのはな物語」を紹介