目次


万博記念公園とは?

万博記念公園

万博記念公園は大阪府吹田市にある文化公園。芸術家の岡本太郎がデザインした太陽の塔は公園のシンボルです。1970年に開催された「日本万国博覧会」の成功を記念して造られました。

総面積約260haの敷地には、日本庭園や万博記念競技場、国立民族学博物館、温泉など、さまざまな施設があります。ライブやイベント、お祭りも多数開催される公園です。

2024年の「SUMMER SONIC」大阪会場は、万博記念公園に会場を移転することが発表されました。開催日は8月17日(土)・18日(日)。


万博記念公園の最寄りは大阪モノレールの万博記念公園駅



万博記念公園の最寄りは大阪モノレールの万博記念公園駅です。万博記念公園までは徒歩約4分。駅を出てすぐのところに、日本最大級の大型複合施設エキスポシティがあります。

ちなみに万博記念公園のHPでは、公園東口駅も最寄りとして紹介されています。公園東口駅は公園内東の広場に直結しており、アクセスする場所によっては万博記念公園駅より近いことも。

万博記念公園

大阪府吹田市千里万博公園1-1 Google Map
06-6877-7387 9:30~17:00 水曜休園(水曜日が祝日の場合は直後の平日)/年末年始
※4月1日~5月2日まで・10月・11月は無休
Webサイト


梅田・新大阪から万博記念公園へのアクセス

梅田

梅田から万博記念公園
梅田から万博記念公園へアクセスする場合は、基本的には阪急線大阪梅田駅を利用すると、安い上に早く行けますよ。

ルート:大阪梅田駅~(阪急京都線)~山田駅~(大阪モノレール)~万博記念公園駅
料金:480円
所要時間:約35分
乗り換え:1回

※2024年1月現在

大阪メトロ御堂筋線梅田駅から、大阪モノレール千里中央駅を経由して行くことも可能ですが、料金は630円、所要時間は約40分です。

ちなみに、大阪駅周辺に、梅田と付く駅は、大阪梅田駅(阪急線、阪神線)、梅田駅(大阪メトロ御堂筋線)、西梅田駅(大阪メトロ四つ橋線)、東梅田駅(大阪メトロ谷町線)があり、どの駅も徒歩で行き来できます!

梅田行きの高速バス

新大阪から万博記念公園
新大阪駅から万博記念公園へは、千里中央駅で乗り換えましょう。

ルート:新大阪駅~(大阪メトロ御堂筋線)~千里中央駅~(大阪モノレール)~万博記念公園駅
料金:580円
所要時間:約30分
乗り換え:1回

※2024年1月現在

千里中央駅で大阪メトロから大阪モノレールに乗り換える際は、一度屋外に出ます。所要時間は5分ほど。

新大阪行きの新幹線


最寄りの高速バスのりば「千里中央」からのアクセス

高速バスで万博記念公園へアクセスするなら、千里中央バスのりばで下車するのがおすすめ! 千里中央からバスのりば万博記念公園までは、モノレール一本で行けますよ。

ルート:千里中央バスのりば~(大阪モノレール)~万博記念公園駅
料金:250円
所要時間:約15分
乗り換え:なし

※2024年1月現在

万博記念公園までのアクセスを紹介しました。

大阪では難波や梅田周辺に多くのバスターミナルがあります。ですが万博記念公園の最寄りのバスのりばは千里中央なので、出発地から千里中央まで結ぶ便があるか、一度調べてみるのがおすすめです!


(バスとりっぷ編集部)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 2024年サマソニの大阪会場「万博記念公園」の行き方を紹介! 梅田・新大阪からのアクセス方法は?