ペルーの人気観光地として親しまれる、クスコ。 天空都市の愛称でお馴染みの「マチュピチュ」への観光拠点であり、日本人だけでも年間2万5000人あまりが訪れるとされています。 この街は11〜12世紀を中心にインカ帝国の首都として発展し、16世紀以降はスペイン人の侵攻によって現在見られるような都市が築かれました。 「インカ文明 × スペイン」という全く異なる要素が調和する西洋風の街並みは、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。 本記事では、旧市街を拠点に訪れるおすすめの観光スポットを紹介していきます。

全文を読む