• Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク
  • Google
  • Yahoo!
  • ベルメゾンネット

YouTube広告「早送り」機能に対策される可能性

YouTube広告「早送り」機能に対策される可能性

YouTubeは2023年5月頃から広告ブロッカーを利用するユーザーに対し、アドオンを停止するかYouTube Premiumへの加入を求めるようになりました。従わないと、動画を再生できなくなる場合もあります。しかし、ここに来てYouTube側の広告ブロッカー対策を回避する新たな手法が登場しました。...【全文を読む

ページトップ